トップページ > 海外セミナー

《短期集中型》2016ウィーン秋期音楽セミナー 

セミナー内容

ウィーン・ラズモフスキー弦楽四重奏団による室内楽レッスン【限定10名募集】

2016年秋、弊社ではピアニストのための室内楽セミナーを企画いたしました。音楽の都ウィーンに滞在し、日本でも人気のウィーン・ラズモフスキー弦楽四重奏団、そして室内楽ピアニストのアドリアン・コックス教授によるレッスンという、貴重な体験をしていただきたいと思います。
 またセミナーの最後にローマ1泊の観光をお付けしました。短い時間ではありますが、ガイド付きの市内観光でローマの名所を巡り、自由行動も設けますのでお楽しみいただきたいと思います。
 今回はピアニスト限定10名の受講生を募集いたします。是非ご参加いただきたくご案内申し上げます。                 
                       潟\レイユ音楽事務所 代表取締役 小 野  誠
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                募集は締め切りました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●旅行期間 2016年10月19日(水)〜26日(水)全8日間
●旅行代金 受講生 415,000円(聴講生335,000円)
●滞在都市 ウィーン・ローマ
                

■レッスン受講
受講者は3回のレッスンを受講(通訳付き)します。
アドリアン・コックス教授のレッスン(40分×1回) 
ウィーン・ラズモフスキー弦楽四重奏団によるレッスン(45分×2回)
尚、参加者は全てのレッスンを聴講することができます。
レッスンは市内スタジオ、またはウィーン国立音楽大学レッスン室で行います。

■修了演奏会と修了証授与
セミナーの最後には受講者による修了演奏会を行います。会場はレッスン場と同じサロンになります。
参加者全員(10名)が出演し、受講した曲の1つの楽章をウィーン・ラズモフスキー弦楽四重奏団と演奏していただきます。演奏の後、参加者全員に修了証が授与されます。

■教授陣とケラーで打ち上げパーティー
修了演奏会の後は、ウィーン料理の美味しいケラー又はホイリゲで打ち上げパーティーを行います。教授陣たちとの交流もお楽しみください。

■受講曲について
[受講曲目]
今回のセミナーでの受講曲は下記の3曲より選択していただきます。
●シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 作品44   
●ドヴォルジャーク:ピアノ五重奏曲 イ長調 作品81
●ブラームス:ピアノ五重奏曲 ヘ短調 作品34
[受講楽章について]
受講にあたっては、上記の曲の中の単一楽章、複数楽章、そして全楽章の受講が可能ですが、決められた時間内でのレッスンですので、その辺を考慮してご検討ください。
レッスンをどのように進めていくかは、できるだけ効率よく進められるよう時間の配分などあらかじめご相談して決めてまいります。
[修了演奏会]
修了演奏会で演奏する楽章は、弦楽四重奏団のメンバーと相談の上で決めさせていただきます。

■セミナーの主な日程
10/19(水)午前:東京(成田)発(アムステルダム乗継ぎ)夜:ウィーン着
10/20(木)午前:市内散策 午後:レッスン
10/21(金)レッスン 
10/22(土)レッスン
10/23(日)レッスン 夕方:修了演奏会 夜:打ち上げパーティー
10/24(月)早朝:ウィーン発 ローマへ 市内観光(昼食付き)・自由行動
10/25(火)午前:ローマ発(アムステルダム乗継ぎ)
10/26(水)午前:東京(成田)着 /解散 
※都合により予定が変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

講師陣紹介

            ウィーン・ラズモフスキー弦楽四重奏団

2001年にウィーン放送交響楽団のトップメンバーにより結成された「ウィーン・ラズモフスキー弦楽四重奏団」は今年結成15年を迎える。これまでの7回の来日では全国各地で公演を行い、その調和のとれた音楽で観客を魅了し、室内楽の楽しさ、素晴らしさを伝え、絶賛を博した。2011年から一部新メンバーを加え、彼等のますますハイレベルでフレッシュな演奏が好評を得ている。

フランツ・ズィーゲルト Franz Siegert, 1st Violin
ドレスデンに生まれる。ウィーン国立音楽大学にてクリスチャン・アルテンブルガーに師事し、2009年同大学院修士課程を最優秀で修了。2008年よりG.マーラー青少年オーケストラのコンサートマスターを務め、またバイエルン国立歌劇場及びバイエルン国立オーケストラ、ロンドンフィルのゲストコンサートマスターを務める他、ウィーン国立歌劇場、ウィーンフィルでも演奏する。2009年よりウィーン放送交響楽団コンサートマスターを務める。

スティーヴン・モーラー Steven Mohler, 2nd Violin
アリゾナ大学、カルフォルニア大学を卒業後、ウィーン国立音楽大学にてクラウス・メッツル、ギュンター・ピヒラー両教授に師事。ビクトリア交響楽団(カナダ)、ピアチェンツァ交響楽団(イタリア)のコンサートマスター、またハイデルベルグ市交響楽団、ウィーン室内管弦楽団を経て、現在ウィーン放送交響楽団の第2ヴァイオリン首席を務める。また、ウィーン九重奏団の一員として室内楽でも活躍。

トーマス・ブンバル Tomas Bumbal, Viola
ブラティスラヴァに生まれる。5歳よりヴァイオリンを始め、ブラティスラヴァ音楽院を経て、2003年ウィーン国立音楽大学を最優秀で卒業。ヴァイオリンをフランツ・サモイ、ヴィオラをハンス=ペーター・オクセンホーファーに師事。2003年よりウィーン放送交響楽団の首席代理を務める。また平行して室内楽の活動も精力的に行っている。

ティル・シュスラー Till Schüßler, Violoncello
ケルン国立音楽大学にてクルト・ヘルツブルッフ、ウィーン国立音楽大学にてバレンティン・エルベン両教授に師事。その間、室内楽をアマデウス・カルテット、アルバン・ベルグ・カルテットに師事。ウィーン室内管弦楽団首席を経て、現在ウィーン放送交響楽団の首席チェロ奏者を務める傍ら、マスタークラスなどで後進の指導にも当たっている。


アドリアン・コックス
Adrian Cox, Piano
ロンドン生れ。ロイヤル・ノーザン音楽大学、及びウィーン国立音楽大学を首席卒業後、オーストリアを中心にヨーロッパ全土、北アメリカ、アジア諸国において、ソロ、室内楽のコンサートに出演し、多くの一流演奏家と共演する。ウィーンフィルのコンサートマスターや首席奏者、そしてウィーン国立歌劇場歌手等との共演が多く、室内楽ピアニストとして世界各国で高い評価を得る。1985年より毎年来日し、全国で多くのコンサート、公開レッスン等を行う。2002年〜2004年PMF国際音楽祭(札幌)にウィーンフィル首席メンバーとともに招聘される。ウィーン国立音楽大学教授。


実施要項


●旅行期間 2016年10月19日(水)〜26日(水)全8日間
●滞在都市 ウィーン(5泊) ローマ(1泊)
●募集人員 受講生限定10名(聴講生又は同伴は3名まで可)
●予定航空機 KLMオランダ航空(アムステルダム乗り継ぎ)
      ユーロウィングス航空(ウィーン→ローマ)
●予定ホテル ウィーン:TREND ANANAS ★★★★
      ローマ:MASSIMO D'AZEGLIO ★★★★ 又は同等クラス
●食  事 朝食5回、昼食1回(機内食を除く)
●添 乗 員 旅行会社より添乗員は同行しませんが、弊社担当者が同行してお世話いたします。
●参加資格[受講者]大学生以上でピアノを専門に学んでいる方
     [聴講生・同伴者]自由
●参加費用[受講者] 415,000円 
      A.コックス教授のレッスン(40分×1回)
      ウィーン・ラズモフスキー弦楽四重奏団のレッスン(45分×2回)
     [聴講生・付き添い] 335,000円
       ※各空港税及び燃油サーチャージは含まれています。
      ◎1人部屋追加料金  49,000円 
●国内航空 手配を承ります。
●申込方法 下記2種類のいずれかの方法でお申込みください。
(1)弊社サイトの申込用フォームからお申込みいただく方法
このページ最下部の「参加申込フォーム」をクリックし、フォームにご入力の上ご送信ください。
(2)FAXにてご送信いただく方法。
このページ最下部の「参加申込書PDF(FAX用)」から申込書をダウンロードの上、プリントアウトして、必要事項をご記入の上FAXしてください。
ご覧になれない方は、弊社までご請求ください。

お申込みいただいた方には弊社よりお申込金のご入金についてご案内させていただき、お申込み後7日以内にお申込金100,000円をお振り込みいただきます。

●申込締切 2016年8月10日(水) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。

ウィーン秋期音楽セミナー要項PDF  参加申込書PDF(FAX用)  参加申込フォーム
         

ウィーン関係メニュー

コンクール

出演者募集

各種ご注文

Copyright(C) Concert Agency Soleil Co.,Ltd. All Rights Reserved.