トップページ > 専属演奏家

日本人アーティスト



■吉井美由紀(ピアノ)Miyuki Yoshii
磨きあげられたテクニックと注目に値する集中力! (ドイツでの新聞評より)

 東京芸術大学卒業。ミュンヘン国立音楽大学マイスタークラス修了。
 1988〜1996年、ミュンヘン国立音楽大学非常勤講師として、パウル・マイゼン教授のクラス等で伴奏助手をつとめ、1996〜2002年、東京芸術大学において同じくP・マイゼン教授のもとで非常勤講師、さらに1998年より東京学芸大学非常勤講師。1987年マリア・カラス国際コンクール奨励賞受賞。シューベルト国際コンクール(於ドルトムント)ファイナリスト。
 演奏活動は多岐にわたり、歌曲伴奏者、室内楽奏者として、エルンスト・ヘフリガー氏、平松英子氏、元ウィーン・フィル首席トランペット奏者ハンス・ガンシュ氏、チェロ奏者アダルベルト・スコチッチ氏、ファゴット奏者小山莉絵氏等と共演、またバイエルン放送局、NHK-FMにてレコーディングを行う。ソロピアニストとしては、ドイツ各地でリサイタル開催、津田ホール、東京文化会館等でリサイタル開催のほか、バッハの平均率クラヴィーア曲集連続演奏会を国内外で展開。また、4人のピアニストによる Artis Piano Ensemble (8手連弾)のメンバーとして、日本、ドイツの各都市で公演。
 杉山千賀子、堀江孝子、室井摩耶子、クラウス・シルデの諸氏に師事。

Copyright(C) Concert Agency Soleil Co.,Ltd.All Rights Reserved.